三重保育園では、卒園するときに 「タイムカプセル」と題して、ひと家庭から封筒をお預かりしています。



その封筒の中身がどんなものかは、私たち職員は誰ひとり知りません。



「タイムカプセル」を開けるのは、6年後の同窓会・・・と決めています。



今年も、「タイムカプセル」をオープンしました。






当時の宝物が入っていたのかな?








「6年後の君へ・・・」と書かれた お父さんお母さんからの手紙かな?








それとも、「6歳の自分から、6年後の12歳になった自分に宛てた手紙」なのでしょうか?








みんな、誰にも見られないように・・・








話しかける隙さえないくらい・・・・









とても、とても、大切に読みました。








お父さんお母さんの愛情を再確認・・・・。








これから、中学生になるみんな・・・







思春期に突入し、自分ではコントロールできないような、初めて出会う感情や感覚に戸惑うことがあるかもしれません。



でも、大丈夫。君たちは、愛されているんだよ。



何も心配することはないよ。



自信を持って、笑って前を向いて生きて行ってほしいです。








そして、同窓会の最後に、お母さんたちから・・・と、サプライズがありました。



出産を控えた当時の担任の先生にプレゼント! 







はい、愛の溢れる6年生のお母さんたちです♡ ありがとうございました。










ではでは、明日もみなさんがニコニコ笑顔ですごせますように。